京観世

京観世イメージ

鶴屋吉信「京観世」は、吟味をかさねた小豆を用いた小倉羹と村雨を手作業でひとつひとつ丁寧に巻きあげました格調高い棹菓子でございます。大正9年(西暦1920年)の創案以来、長らくご愛顧を賜っております弊店の代表銘菓です。しっとりと贅沢な小倉の風味をご賞味下さいませ。


京観世パッケージ
 
観世水の意匠

京観世の由来「観世水」

鶴屋吉信本店からほど近いところに、能楽・観世流の家元・観世家の鎮守であります 「観世稲荷」が祀られており、そこに「観世井」という井戸がございます。 ある時この井戸へ天から龍が舞い降りて以来、水が常に揺れ動いて美しい渦巻きの波紋を描くようになったと伝えられています。
京観世はこの伝説にちなみました、美しい意匠の棹ものでございます。 堂本印象画伯の筆により、外装にも観世水の優美な姿が添えられております。
 
小倉と村雨

伝統の素材「小倉」と「村雨」

大納言小豆や白小豆をやわらかく煮立て、姿よく蜜漬けしてつくりあげました餡を 「小倉(おぐら)」や「小倉餡」と呼びます。 小豆の香りの良さ、小豆そのもののおいしさが最も活かされる生地です。 優雅な名前の由来は諸説あり、その色合いが紅葉見事な京都・小倉山のような深紅であるからという説や、小倉山付近の職人が日本で初めて小倉餡を炊いたためという説。 また小豆の粒を鹿の斑点に見立て、鹿といえば紅葉、紅葉といえば小倉山・・・と連想されたためという説など様々に伝わっており、古くからの歴史が思いおこされます。

もうひとつ京観世に欠かせない生地が「村雨(むらさめ)」です。 大納言小豆でつくった餡に米の粉やもち米の粉を加えてよく練り、細かい金網の目を通してそぼろ状にした後強い蒸気で蒸し上げてつくったものの事をいいます。 そぼろの風合いが、秋口などにぱらぱらと降る村雨(にわか雨)の風情を想わせるため、この名が冠されたとも伝えられています。
 
(425g)
観世水の姿にまきあげた村雨と小倉羹製棹もの。
1,512円
商品詳細
(50g)
観世水の姿にまきあげた村雨と小倉羹製棹もの。お手頃な食べきりサイズの京観世。
260円
商品詳細
お 客 様
お祝いのお菓子 ご法要のお菓子
カード決済をご利用の前にお読み下さい
PAGE TOP