茶茶音ちゃちゃね

京都・宇治 800年のお茶と和菓子のかぐわしいハーモニー。
かさなり、かなでる、美味しさの音色をお楽しみください。

「茶茶音(ちゃちゃね)」は800年のお茶づくりの歴史を持つ京都府内産・宇治の抹茶・ほうじ茶をたっぷりと使用し、まろやかな白あんをつつんで焼き上げた香ばしくかぐわしい焼き菓子です。

「お茶の京都」プロジェクトをはじめ、近年改めて注目される、京都発の日本茶文化。日本伝統の緑茶の魅力と、それによって輝く和菓子の美味しさを皆様にご体験いただきたい…そんな想いから「茶茶音」は誕生しました。

宇治のお茶師が和菓子づくりのために本気で選びぬいたお茶と、京菓子職人が素材から丹念に作り上げる和菓子が奏でる、味わいの音色。
上質をそっと日々にそえて。豊かで身近なひとときに、ぜひご賞味くださいませ。

お茶を“育てる”と
いうこと。

お茶の味わいをつくるのは、「うまみ」「渋み」「苦み」「色あい」の4つの要素。
お茶は日光を遮って育てると、うまみが増え渋み・苦みが減っていくため、最高級抹茶の原料となる茶葉は葦簀(よしず)と呼ばれる覆いを被せ、その上に藁をふる本簀(ほんず)栽培と言う方法でコク深く、思い描く味わいに育てていきます。
緑が濃く、うまみが強く、てまひまをかけたものほど高級とされるお茶の世界。しかし、これはあくまで「飲んで」いただくのに適したお茶づくりです。
和菓子を美味しく仕上げるためには、そのためのバランスをとる工夫が必要でした。

茶師が本気でえらんだ、
和菓子のためのお茶。

茶師とは、茶葉を選定・調合し、お茶として仕上げる職人のこと。
古くは室町時代ごろから活躍してきた、京のお茶づくりには欠かせない熟練の技です。
鶴屋吉信は京都・宇治で160年間営まれてきた老舗茶問屋のルーツを汲む茶師、中村淸孝氏のご協力をうけ、「茶茶音」の素材にふさわしいお茶を茶葉の選別からブレンドして完成させました。

中村 淸孝(なかむら きよたか)氏

宇治の老舗茶問屋ご出身。お茶を用いたオリジナル商品やスイーツメニューの開発にも携わってきたノウハウを活かし、京都のお茶づくりの新たな可能性に挑む茶師のひとり。「茶茶音」の開発では、その確かな経験と熟練の感性をもとに、お茶と和菓子のお互いを活かし引き立てる茶葉を厳選いただいております。

和菓子を輝かせるのは、お茶の“苦み”でした。

抹茶、煎茶、ほうじ茶、すべての日本茶は一本の茶の木から作られます。長い歴史に寄って培われた、育て方、茶葉への仕上げ方でまったく異なる姿へ変身し、さまざまな楽しみ方ができることが、お茶の魅力のひとつです。

一般的に高級とされ好まれるお茶は、香りほどよく、うまみ・甘みが多く、さらりと飲まれるのにぴったり。しかしそれだけでは、焼き菓子のようなこんがりと風味の強い生地には合わず、お茶本来の美味しさを表現することが難しい…
試行錯誤のすえ、茶師・中村氏が選びぬいたのは、「渋み」「苦み」が飲用のものよりずっと強い“濃い”お茶の葉でした。

「茶茶音」のこんがりと香ばしく、バターのコクと風味も香る“強い”生地を活かすには、あえてうまみや甘みよりも、お茶の香りとガツンと強い「苦み」を主役にしたお茶えらびが必要だったのです。

香ばしい焼き菓子生地、まろやかな甘みの白あんの「茶茶音」は、お茶本来の豊かな香りの向こうにほんのわずかな苦みの余韻が残る、まさに「お茶の和菓子」としてのベストなバランスで完成いたしました。

熟練の茶師と京菓匠の技、
芳醇なお茶の世界をぜひご体験ください。

使用するのは、茶師厳選の「お抹茶」と「ほうじ茶」。
それぞれを練り込んだ生地でまろやかな白あんを包み、ころんと可愛く焼き上げました。
抹茶には小倉を、ほうじ茶にはクルミを乗せて、食感と風味のアクセントに。
白あんはお茶の味を引き立て、全体が調和するよう、あっさりとなめらかな舌ざわりと甘みに炊き上げました。

抹茶

挽茶の風味が引き立つ、濃厚なお抹茶生地。小倉と抹茶が織りなす、和の美味しさ。

栄養たっぷりの土づくりからこだわる、京都府内の豊かな茶園。丹精こめて育てられた茶葉を蒸して乾燥させ、専用の石臼で丁寧に挽くことで、きめ細かくこっくりと香り立つお抹茶になります。
お抹茶を練り込んで焼きあげた生地と白あんは、ひとくち食べればふわっと広がる香りと風味が絶妙にマッチ。丹波大納言小豆を上品にあしらった、抹茶×小倉の“和の王道”をご賞味ください。

ほうじ茶

香ばしいほうじ茶の風味にクルミのコクが出会い、洋の香り感じる美味しさ。

ほうじ茶はさまざまな茶葉を混ぜ合わせ、原料にあわせて200℃前後の熱をくわえ焙煎=“焙じる”ことでできあがります。「茶茶音」には、通常よりも高い温度で、焦げ寸前までの強い香りを立たせた専用のほうじ茶が選ばれました。
焼菓子のコクのある生地とあわさり、しっとりと上質な香り、味わいに。くるみの実がカリッ、食感と風味のアクセントに映える、ほのかに“洋のかおり”漂う美味しさです。

あなたと、茶茶音。
あなたに、茶茶音。

ころんと可愛い「茶茶音」をおさめる専用パッケージには、お茶をモチーフとした優しい意匠をあしらいました。行李(こうり)を思わせるなだらかなフォルムの専用箱は、ちょっとした手土産や、お配りギフトにもぴったり。

「あなたと」味わいたい、「あなたに」贈りたい。
「茶茶音」はそんな和菓子です。日本の伝統、芳醇なお茶の魅力をどうぞお楽しみください。

「お茶の京都 公式サイト」 https://ochanokyoto.jp/

800年の歴史を持つお茶どころ、京都府南部。抹茶、煎茶、玉露を生み出した地に息づく、磨かれた茶文化や茶畑のまばゆい景色、日本茶のふるさとの魅力を広く発信するプロジェクトです。
「茶茶音」はこのプロジェクトにこめられた想いを意識し、抹茶・ほうじ茶ともに京都府内産の茶葉を100%使用したお菓子となっております。
※当プロジェクトの認定・おすすめ等を受けたお菓子ではございません。