雛まつり特集

京菓匠 鶴屋吉信 公式オンラインショップ京菓匠 鶴屋吉信 公式オンラインショップ

menu

閉じる

鶴屋吉信のひな祭り

3月3日は女の子のすこやかな成長を願う「雛まつり」です。
この「雛まつり」は3月の最初の巳の日「上巳」を指して五節句のひとつ上巳の節句ともいわれ、のちに3日に行われるものと定まりました。
古代中国の、この日に川で身を清める行事と禊(みそぎ)の神事が結びつくことで生まれた流し雛が起源とされます。
これが平安時代に日本に伝わり、ひいな遊び(人形遊び)と融合することで、現在の女の子の節句として定着したとされています。
愛らしいお干菓子詰合せ「雛祝い」や桃の花をちらしたようかん「桃きらら」など、桃の節句のお祝いやお返しに鶴屋吉信のひな菓子はいかがでしょうか。

雛祝い

雛祝い

お内裏様とおひなさまの干菓子詰合せ

お内裏様とおひな様のかわいい小箱に入ったお干菓子詰合せ。蝶々や桜に橘、海苔巻きもお干菓子で表しています。
そのまま小さな雛かざりにしてもおしゃれな詰合せです。

お雛さまの西と東の違い

関東では向かって左がお内裏様、右がお雛さま、関西はその反対に飾られます。
日本古来では、南を向いて立ち日出る方向の東側に男性、日が沈む方向の西が女性となります。 これは万が一の時男性が左腰の太刀を抜いて女性を守れるようにという意味もあるそうです。鶴屋吉信では、日本古来の並びでお届けしております。

右近左近

右近左近

たち雛の焼印入り2種の風味の麸やき煎餅です。
ひな飾りでも知られる“右近の橘、左近の桜”にちなんだ麸やき煎餅「右近左近」、表にはたち雛の焼き印を、 裏には和三盆糖と桃の2種の風味の蜜を引いて仕上げました。軽やかな味わいをお楽しみください。

桃きらら

桃きらら

琥珀に桃の花をちらした意匠羊羹。
桃の花をちらした琥珀羹と小豆の風味豊かな小倉羊羹との二層の羊羹になります。 あっさりとした上品な甘さの羊羹は、緑茶はもちろん、珈琲や紅茶にもよく合います。ほんのりと桃の香りが一層おいしさを演出します。

桜のお菓子
特集