桜のお菓子

京菓匠 鶴屋吉信 公式オンラインショップ京菓匠 鶴屋吉信 公式オンラインショップ

menu

閉じる

古都に花咲く、
春のみやびをお菓子にのせて…

きびしい冬の寒さもゆるみ、あたたかな日ざしと
満開の桜を待ちわびる季節となりました。
桜を愛でる風習は今からおよそ千年前、
平安時代の頃よりつづくといわれます。

昨年、今年とおうちで過ごす春を
迎えることとなりましたが
桜の美しさや切なさに親しむ心は、
いつの時代も変わることはありません。
桜にちなむ和菓子を、今年も華やかにおとどけします。

いつの世にも詠われる、春の象徴

四季さまざまに咲きほこる花のなかでも、和歌・俳諧の世界では「花」といえば「桜」をあらわすもの。
古くより私たちの心をとらえて離さない桜の美しさは、和菓子の伝統的な意匠のかずかずにそのすがたを残してきました。

  • 里桜

    里桜

  • 花くれない

    花くれない

  • 春の水

    春の水

  • 花筏

    花筏

  • 春詩

    春詩

  • 陽春譜

    陽春譜

  • 花ぐるま

    花ぐるま

  • 吉野の春

    吉野の春

野山の桜「里桜」、緑との美しいコントラスト「花くれない」、はらりと舞う花びらをうつす「春の水」「花筏」、
春を愛でる嬉しい気持ちが伝わるような「春詩」など…
雅な菓銘からも桜のうつろうようすを感じ取ることができます。

その表現方法も実にさまざま。
“こなし”をヘラ細工で桜の花そのものにかたちづくることもあれば、上用や外郎につつましく花びらをすり込んだもの、 桜の遠景に見立て、きんとんで抽象的に表現したものなど、
京菓子職人の感性と技巧が光ります。

水面に舞い散る風情は特に好まれ、流水文様や波紋とあわさった意匠もたくさん。
扇や霞といった和のモチーフ、柳や橘の緑にも映える
多種多様な桜の和菓子をお楽しみくださいませ。

桜にまつわるお菓子

桜餅
生菓子「桜餅」

道明寺製、こしあん入り。
桜の香りがほんのりと懐かしい、春の味です。
※オンラインショップでのお取扱いはございません

「桜餅」販売店舗はこちらから
生菓子販売店舗はこちらから
※商品によって販売時期は異なります。

花はらり
春らんまん、桜吹雪がはらはらりと舞う
情景を羊羹にうつしとって。

花はらり

花はらり

1棹 1,296円(税込)
特定原材料等28品目:乳成分・大豆

丁寧に炊き上げた小倉羹に、きらりと透き通るこはく羹をかさねて桜型の羊羹を花吹雪のごとくとじこめた、繊細な意匠羊羹です。
羊羹の流し込み、花びらの並べ方ひとつまで、ひと棹ひと棹を職人の手仕事で仕上げる鶴屋吉信「工藝菓」シリーズ 春の人気商品です。

花のつばらつばら
桜色のあんを、桜の焼印入りもっちり
焼皮で包んだ、春だけのつばらつばら。

WEB・京都地区限定販売

花のつばらつばら

花のつばらつばら

1個 227円(税込)
特定原材料等28品目:小麦・乳成分・卵

あっさりと優しい甘み、桜色の白あんに備中白小豆をこめてもっちりしっとり食感の焼皮でつつみました。
焼皮には桜の焼印をあしらい、桜の花が舞うパッケージでお届けします。

花つどい
ふんわりと花霞のように、ほのかな夜桜のように、
浮かび上がる桜の花。

花つどい

花つどい

1個 324円(税込)
特定原材料等28品目:小麦

繊細でなめらかな食感を生み出す、奈良・吉野地方に伝わる『吉野本葛』。
この伝統の逸品を用いた葛羹に桜型のようかんを浮かべて、優しい甘さのこしあんを使った羊羹との二層に仕立てました。
カップからお好みのお皿にうつしてお召し上がりくださいませ。