夏越の祓い

夏越の祓い特集メインビジュアル

主に6月晦日、京都では茅の輪(ちのわ)をくぐり半年の穢れを祓い、夏の疫病や災厄などから免れることを祈願する夏越の祓いが行われます。 上賀茂神社では6月30日に夏越大祓(なごしおおはらえ)が行なわれ、参拝者が罪や穢れを移した人形(ひとがた)を 「橋殿」に宮司が祝詞を唱えながらならの小川へ流し、祓を行います。 夏にさきがける京の風物詩を、鶴屋吉信のお菓子で感じてみてはいかがでしょうか。

「茅の輪くぐり」の神事とは…
各神社に設置された茅の輪の前で一礼し、
「水無月のなごしの祓をする人は千歳の命のぶというなり」
「思う事みなつきねとて麻の葉をきりにきりても祓いつるかな」
等を唱えながら左まわりで1回、右まわりで1回、
もう1回左まわりに「蘇民将来、蘇民将来」と唱えながら
8の字を描きようにくぐり、最後に拝殿で一礼します。

お干菓子「御所氷室」
本店・WEB限定販売
氷を模した伝統的な意匠に、
ほんのり梅酒の風味をそえたスリコハク製「御所氷室」。
丹波大納言がうっすらと透けて見える涼やかなお干菓子は
口にするとしゃりっとした歯ざわり、
やわらかな小倉の風味が楽しめます。
風情ある木箱入りは、夏の贈り物にも最適です。

お干菓子「夏越川」
本店・WEB限定販売
柚子の風味をこめたコハク糖で清流をあらわし、
人形を流す橋殿(はしどの)の勾欄(こうらん)の
すがたに見立てて盛りつけた「夏越川」。
厄除けの神事にならい、茅の輪をそえてお届けします。
京都の夏の風物詩をお召し上がりくださいませ。

生菓子「水無月」
6月29、30日 一部店舗限定販売
本店は6月1日〜30日まで販売

京都では6月30日に「水無月」を食し、
半年の厄を祓い、夏の健康を願うならわしがあります。
氷のかたちを模した「氷形」のもっちり外郎の上に、
たっぷりと小倉をのせた夏の生菓子です。
※オンラインショップでのお取扱いはございません。
1個 税込270円 ※一部店舗では3個入・5個入での販売になります。
特定原材料等27品目:小麦

夏越川 48個入
本店・WEB限定 期間限定
夏越川 48個入

税込 6,048

(税抜 5,600円)

御所氷室 36個入
本店・WEB限定 期間限定
御所氷室 36個入

税込 5,724

(税抜 5,300円)

御所氷室 28個入
本店・WEB限定 期間限定
御所氷室 28個入

税込 4,644

(税抜 4,300円)

夏越川 24個入
本店・WEB限定 期間限定
夏越川 24個入

税込 3,240

(税抜 3,000円)

夏越川 12個入
本店・WEB限定 期間限定
夏越川 12個入

税込 1,620

(税抜 1,500円)

御所氷室 10個入
本店・WEB限定 期間限定
御所氷室 10個入

税込 1,458

(税抜 1,350円)

鶴屋吉信のお中元
お得な送料216円
TSURU涼涼 WEB限定パッケージ版
PAGE TOP
スマートフォン | PC