夏越の祓 並び順:価格(高い順)

京菓匠 鶴屋吉信 公式オンラインショップ京菓匠 鶴屋吉信 公式オンラインショップ

menu

閉じる

京の歳時記 夏越の祓

無病息災を祈る夏越の祓

6月晦日(みそか)、
京都では茅の輪(ちのわ)をくぐり
半年の穢れ(けがれ)を祓う(はらう)、
夏越(なごし)の祓が行われます。
古より続く京の風物詩。
そこには欠かせない和菓子があります。

夏越の大祓
夏越の大祓

夏越の大祓

夏越の祓は、1000年以上も昔から続けられてきた厄払いの神事です。伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の禊祓(みそぎはらひ)を起源とし、宮中においても古くから大祓がおこなわれてきました。
1年の折り返し地点である6月に、半年の間に身についた穢れや災いを祓い落として心身を清め、夏の疫病や災厄などから免れることを祈願します。夏越の祓は、夏を迎えるための大切な行事です。

 
茅の輪くぐり
茅の輪くぐり

茅の輪くぐり

夏越の大祓では、各地の神社で参道や鳥居に設けられた茅(ちがや)で編んだ大きな輪をくぐる“茅の輪くぐり”が行われます。参拝者は授与される人形(ひとがた)に名前と年齢を書き、自分の代わりに罪や穢れを祓い清めます。
京都では旧暦の6月晦日である6月30日、多くの人が「水無月の なごしの祓 する人は ちとせの命のぶといふなり」と唱えながら、茅の輪をくぐります。

 
氷室と水無月
氷室と水無月

氷室と水無月

平安時代から、夏越の祓が行われる6月30日に食べられていたのが水無月です。
宮中の貴族たちの間には夏越の祓の際に氷を食べて暑気を払う習慣がありました。しかし当時の氷は大変貴重で、庶民には手が届きません。そこで氷に似せた和菓子として誕生したのが水無月であり、御所氷室です。

 

夏越の祓にまつわるお菓子

御所氷室
目にも涼しい、優雅な干菓子。

本店・WEB限定

御所氷室

御所氷室

御所氷室 10個入 1,458円(税込)
店舗では28個入、36個入の販売もございます。

氷室とは、冷蔵庫や冷凍庫のなかった頃、冬の間に天然の氷雪を保管していた山中の室のこと。夏場は氷室から氷を取り出し、涼を得ていました。
御所氷室は、宮中に献上された貴重な氷と冬に咲き氷の中に閉じ込められた梅花を模した、鶴屋吉信伝統の夏の銘菓です。
ほんのり梅酒の風味をそえたすり琥珀に、丹波大納言がうっすらと透けて見え、口にするとしゃりっとした独特の歯ざわりが涼感あふれるお干菓子です。
風情ある木箱入りは、夏の贈り物にもおすすめです。
本店・オンライン限定販売

本店・東京店・世田谷店・鶴屋吉信公式オンライン限定:5月中旬〜8月下旬

水無月
氷室から取り出した氷を模した夏の生菓子

本店・一部店舗限定

水無月

水無月

1個 270円(税込)
※一部店舗では3個入・5個入での販売になります。
特定原材料等28品目:小麦

半年の厄を祓い、無病息災を祈願する「夏越の大祓」が行われる6月30日。京都では水無月を食べるのが古くからの習わしです。
氷のかたちを模したもっちりとした外郎の上に、悪魔祓いの意味のある小豆をたっぷりとのせた夏の生菓子。貴重な上質の馬路産大納言を使用し、風味豊かに仕上げています。
水無月を食べて、京の夏は盛りを迎えます。
※オンラインショップでのお取り扱いはございません。

一部店舗限定販売:6月29、30日
本店限定販売  :6月10日〜30日

夏越川
上賀茂神社の清流を表現した、柚子香る琥珀糖

外はしゃりしゃり、中はつるり、独特の食感がみずみずしい琥珀糖です。
上質な砂糖、寒天、柚子だけを使って、職人がじっくり時間をかけて丁寧に仕上げました。
無病息災で、夏を無事に越せますように。 そんな祈りを和菓子に込め、お届けします。
本店限定販売※オンラインショップでのお取り扱いはございません。

本店限定販売 :6月上旬〜8月中旬

店舗限定の夏越川・水無月についての
お問い合わせはこちら