五山送り火特集

五山送り火特集メインビジュアル

ー五山送り火ー
8月16日の夜、京の夜空を焦がす「五山送り火」は、祇園祭と並ぶ京の夏の風物詩。 お盆にお迎えした精霊を、ふたたび冥府に返す精霊送りの意味を持つ宗教行事です。
お盆は、もともとは「盂蘭盆会(うらぼんえ)」 といい、ご先祖や故人を供養する日本古来のしきたりで、飛鳥時代にインドから伝わったといわれます。
また、お盆にまつる精霊馬は、キュウリの馬に乗って早く戻ってきてもらい 茄子の牛に乗ってお供物をたくさん積んで ゆっくり帰ってもらう・・・という意味があるそうです
ご先祖や故人を思いやる気持をいつまでも大切にしたいものですね。

そんな五山送り火の大文字を表した、鶴屋吉信の京都地区限定商品をご紹介します。
花火の意匠羊羹「華華火」とご一緒に、夏のお土産やお供えにいかがでしょうか。

「五山送り火」が照らす京の夜
8月16日の夜8時頃、東山に大きな「大」の字が浮かび上がると
続いて妙、法、船形、左大文字、鳥居の順に灯ってゆきます。
鴨川のほとりは送り火を見守る人でいっぱいに。
大文字の炎を杯に映してから飲むと無病息災に、
大文字にくべる護摩木に自分の名前と病を書いて焚きあげると
その病が癒える、などさまざまな言い伝えがあります。
ご先祖様への想いや、健やかに過ごせるようにとの願いをこめて
京の夜をあかあかと照らします。

涼菓「京涼(きょうりょう)」
京都地区・WEB限定販売
お皿の上に大文字の送り火を。風情あふれる涼菓です。

「京涼」は大文字の送り火にちなみ、ゆく夏の景色をうつした小倉水羊羹です。
丹波大納言小豆をこめた水羊羹に、羊羹で「大」の字を浮かび上がらせました。
京都地区およびオンライン限定商品となっておりますので、
お土産や帰省のおともにも大変おすすめです。

「山あかり」
京都地区・WEB限定販売
五山の美しい装いに、もちもち弾む京銘菓。

「山あかり」は五山をあしらった包みに入った、もっちりした焼皮に粒あん入の焼き菓子。
定番の美味しさはどなたにも喜ばれます。
5個入り・10個入りの詰め合わせは、送り火の意匠を配した
専用の包み紙で包んでお届けします。
お手土産やご先祖へのお供えに。

山あかり 5個入
販売期間外
山あかり 5個入

税込 1,080

(税抜 1,000円)

山あかり 10個入
販売期間外
山あかり 10個入

税込 2,052

(税抜 1,900円)

京涼 8個入
販売期間外
京涼 8個入

税込 3,240

(税抜 3,000円)

京涼 6個入
販売期間外
京涼 6個入

税込 2,430

(税抜 2,250円)

京涼 12個入
販売期間外
京涼 12個入

税込 4,806

(税抜 4,450円)

PAGE TOP
スマートフォン | PC