五山送り火 並び順:価格(安い順)

京菓匠 鶴屋吉信 公式オンラインショップ京菓匠 鶴屋吉信 公式オンラインショップ

menu

閉じる

京の歳時記 五山送り火

お盆の精霊を送る 五山送り火

毎年お盆の8月16日、
京の夏の夜空を焦がす「五山の送火」は、
古くより京都を代表する行事のひとつ。
都をかこむ山々に五つの炎を順番に灯してゆき、
この世でお盆をすごしたご先祖様が
無事にあの世へ帰れるようにと祈ります。
本年も規模を縮小しての開催となりますが、
いつもの送り火についてご紹介します。

五山送り火の起源
五山送り火の起源

五山送り火の起源

五山送り火の起源は諸説あって定かではありませんが、
庶民の間にこの行事が定着したのは室町〜江戸時代と言われています。

数百年も続く伝統行事ながら、明確な記録がほとんど残っていないため、いつ、だれが何のために始めたのか・・・現在でも確かな起源はわかっていない神秘的な行事なのです。

現代では「大文字」「妙・法」「船形」「左大文字」「鳥居形」の五つが点火されますが、明治以前には「い」「一」「蛇」「長刀」など様々な形の送り火があったと伝わっています。

ひとつひとつ、灯りゆく火
ひとつひとつ、灯りゆく火

ひとつひとつ、灯りゆく火

夜8時、東山に「大文字」が浮かび上がりるのを皮切りに、松ヶ崎に「妙・法」、西賀茂に「船形」、大北山に「左大文字」、嵯峨に「鳥居形」が点灯。

それぞれが30分ずつ煌々と燃え上がりながら、順ぐりに京の夜空を明るく照らします。

この日は送り火を拝むため、夕方から市内の建物の屋上や広い通りに市内外から多くの人々が集まりはじめ、特に有名な大文字が見渡せる鴨川沿いの土手は、鈴なりの人だかりでにぎわいます。

送り火が灯り始めれば、夏の夜の涼を感じながら、静かに精霊の帰りを見守る時間。

約1時間をかけてお見送りしたあとは、ご先祖様との再会と、各々の健康を祈りながら帰路につきます。

京の晩夏を照らす祈り
京の晩夏を照らす祈り

京の晩夏を照らす祈り

地上から見れば静かに燃える送り火ですが、実は松の割木を井桁に組み上げた高さ1メートル以上の壮大なもの。

その炎は高さ数メートルにも達するほど明るく大きく燃え上がり、豪雨や台風にも消えることはありません。

また、水やお酒を入れた丸い盆に大文字の送り火を写して飲むと無病息災に暮らせるといわれ、送り火の護摩木に先祖供養や無病息災など願いを記して奉納することや、燃え残りを布や半紙で包み水引で結んで家の戸口につるすことで、疫病や盗難を除けることができるとも。

消し炭を煎じて飲むと腹痛がおさまり、病気を退けるという言い伝えもあります。

さまざまな切り口から、この世とあの世の平穏を願う行事であるとも言えるでしょう。

五山送り火にまつわるお菓子

山あかり
五山送り火を美しい装いに。もちもち弾む京銘菓。

京都地区・WEB限定

山あかり

山あかり

特定原材料等28品目:小麦・乳成分・卵

「山あかり」は五山送り火を表す包みに入った、山をかたどるもっちりした焼皮に粒あん入の焼き菓子です。
包装と掛紙に五山の文字をデザインし、五山送り火があざやかに映える京の夏の夜を表現いたしました。
帰省の手土産やご先祖様へのお供えに、いかがでしょうか。期間・地域限定でのお取り扱いです。
京都地区とオンライン限定販売

京都本店(西陣)、鶴屋吉信公式オンライン、IRODORI、有名百貨店(京都地区)限定
8月初旬〜8月16日頃
※ オンラインでの受付はご好評につき終了いたしました

京涼
お皿の上に大文字の送り火を。風情あふれる涼菓です。

京都地区・WEB限定

京涼

京涼

1個 378円(税込)
特定原材料等28品目:小麦

「京涼」は大文字の送り火にちなみ、ゆく夏の景色をうつした風味豊かな小倉水羊羹。
丹波大納言小豆をこめた水羊羹に、紅羊羹で「大」の字をかたどりお皿に盛りつけますと、
大文字の意匠があざやかに浮かび上がる風情ある涼菓です。
京都地区およびオンライン限定商品となっておりますので、 お土産や帰省のおともにも大変おすすめです。
京都地区とオンライン限定販売

京都本店(西陣)、鶴屋吉信公式オンライン、IRODORI、有名百貨店(京都地区)限定
7月上旬〜8月16日頃

京涼・山あかりについての
お問い合わせはこちら