代表銘菓

京菓匠 鶴屋吉信 公式オンラインショップ京菓匠 鶴屋吉信 公式オンラインショップ

menu

閉じる

代表銘菓メインビジュアル

鶴屋吉信は享和3年(西暦1803年)の創業以来、「ヨキモノヲ創ル」を家訓とし菓子づくりに励んで参りました。
その歴史がはぐくんだ伝統の技と吟味された素材から生まれ、長らくご愛顧いただいてきた弊店代表銘菓をご紹介いたします。

「京観世」

創案約100年、一棹一棹を手巻き仕上げ。厳選した小豆からつくる、ほろほろの「村雨」(そぼろ餡)で 小倉羹を巻き上げた、しっとり味わい深い棹物です。
能楽の家元・観世家の鎮守、観世稲荷の井戸に伝わる伝説にちなみ「京観世」との名を冠しました。
食べきりやすい個包装サイズから取り揃えております。

「柚餅」

やわらかな口あたり、やさしく香る柚子のかおり。
もちもちとやわらかな求肥(ぎゅうひ)に柚子の風味をこめて希少できめ細やかな和三盆をまぶした、高雅なつまみ菓子です。
上品な柚子のかおりと和三盆がお口ですうっと溶けあう、京菓匠ならではのやさしい甘さをご堪能ください。

「つばらつばら」

世代を問わず愛される、鶴屋吉信の焼菓子ベストセラー。
「つばらつばら」=「しみじみと、心ゆくままに」という名のとおりもち粉を使ってしっとり・もっちりと焼き上げた焼皮の中に 熟練の技で炊きあげた小倉餡を包んだ、豊かな味わいを「しみじみと」お楽しみいただける一品です。
できたての美味しさをそのままに、個包装でお届けします。