代表銘菓 並び順:価格(高い順)

代表銘菓メインビジュアル

鶴屋吉信は享和3年(西暦1803年)の創業以来、「ヨキモノヲ創ル」を家訓とし菓子づくりに励んで参りました。
その歴史がはぐくんだ伝統の技と吟味された最高の素材から生まれ、長らくご愛顧いただいてきた
弊店代表銘菓をここにご紹介いたします。

「京観世」

創案約100年、一棹一棹手巻きでおつくりしています。
厳選した小豆からつくる、ほろほろの「村雨」(そぼろ餡)で
しっとり味わい深い小倉羹を巻き上げて仕上げた、渦巻き文様を描く棹物。
能楽の家元・観世家の鎮守である観世稲荷の井戸に伝わる、
「天から龍が舞い降りて以来、井戸の水が常に揺れ動いて美しい波紋を描くようになった」
この優美な伝説にちなみ「京観世」との名を冠した棹物です。
食べきりやすい個包装サイズから取り揃えております。

「柚餅」

やわらかな口あたり、やさしく香る柚子のかおり。
もち米を丹念に蒸し、砂糖・水飴と練り上げて出来上がる
もちもちとやわらかな求肥(ぎゅうひ)に、爽やかな柚子の風味をこめて
四国産のきめ細やかな和三盆をまぶした、高雅なつまみ菓子です。
上品な柚子のかおりと和三盆がお口ですうっと溶けあう、やさしい甘さをご堪能ください。
ご予約のみにてお求めいただけるご贈答の桐箱仕様もご用意しております。

「つばらつばら」

どなた様にも愛される、鶴屋吉信の焼菓子ベストセラー。
「つばらつばら」とは万葉集のことばで「しみじみと、心ゆくままに」という意味。
そのことば通り、もち粉を使ってしっとり・もっちりと焼き上げた焼皮の中に
熟練の技で炊きあげた小倉餡を包んだ、「しみじみと」味わっていただける一品です。
他にはないやわらかさ、もちもちの食感が織りなす美味しさをぜひご賞味くださいませ。
個包装になっておりますので、できたての風味をそのままお届け。
どんな世代の方にも伝統の味をお気軽にお楽しみいただけます。

京べに
人気商品
京べに
福ハ内
12/初旬〜2/初旬 販売
期間限定 人気商品
福ハ内
京観世
人気商品
京観世
柚餅
人気商品
柚餅
懐中しるこ
人気商品
懐中しるこ
本蕨(ほんわらび)
期間限定 人気商品
本蕨(ほんわらび)
木々の露
9/下旬〜4/上旬 販売
人気商品
木々の露
鶴屋吉信ようかん
人気商品
鶴屋吉信ようかん
涼涼(りょうりょう)
5/10日頃〜8/下旬 販売
期間限定 人気商品
涼涼(りょうりょう)
つばらつばら
人気商品
つばらつばら
紡ぎ詩
人気商品
紡ぎ詩
PAGE TOP
スマートフォン | PC