京観世きょうかんぜ

大正9年創案、ロングセラー銘菓。
伝統の味を今も、職人が手作業で巻き上げています。



ほろり、ほろほろ、ほぐれる餡。
小豆本来の素朴な味と香り、心地よい食感、やさしい甘さ。

鶴屋吉信本店からほど近く、
能楽の家元・観世家(かんぜけ)ゆかりの観世稲荷社に観世井(かんぜい)と呼ばれる井戸があり、龍の伝説が残されています。
"天から龍が舞い降りて以来、井戸の水が常に揺れ動いて美しい波紋を描くようになった"
京観世や観世井の渦巻く水の文様はこの伝説から生まれました。

栗、抹茶、オレンジ

名菓撰